江戸前の技が活きる旬のお料理をどうぞ

今月の旬の料理

ぶり大根

ぶり大根
一人前:1,000円

ぶり大根(ぶりだいこん)は、ブリのアラを大根と一緒に醤油で煮付けた日本の郷土料理。ブリに脂が乗ってくる季節である冬の料理。ブリに塩を振って臭みを抜くもの、熱湯で下茹でするもの等、下処理にはさまざまなバリエーションがありますが、2007年、農山漁村の郷土料理百選において、富山県の郷土料理として選定されました。今日では日本全国で食べられているポピュラーな料理になっています。

寒鰤の刺身

寒鰤の刺身
一人前:1,500円

寒鰤とは、毎年12月から翌年2月までの冬の時期に漁獲される鰤のこと。産卵期前の最も脂がのって身が引き締まっている旬の時期であり、季節を代表する食材のひとつとなってます。名産地は北陸で氷見、能登、佐渡という3つの地域の寒鰤が有名です。

若女将

若女将からのメッセージ

「鮪のトロの様に派手な魚ではありませんが、江戸前のお寿しには、なくてはならない逸品です。「新子」と呼べるサイズは、8月末位までの限定品。是非、お早めにお召し上がり下さい。」

オリジナル吟醸酒「舟寿し」

【おすすめのお酒】

■八海山 本醸造

300ml・・・1,500円

香りは控え目で、キレのある辛口酒。口当たりがまろやか、ふくよかで、丸みを帯びた柔かな味わいです。

※価格は全て税抜き価格です。